みずほ銀行カードローン 審査 消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

消費者金融と銀行カードローンにはいくつかの違いがあります。まず、消費者金融は貸金業者なので貸金業法に基づいて貸付をしています。ですから、貸金業法の総量規制の対象で、借り手には本人の年収の3分の1までの金額しか貸付ができません。これに対して銀行は貸金業者ではないので貸金業法や総量規制の規制は受けません。銀行は銀行法によって貸付を行います。

 

消費者金融と銀行のカードローンには金利の点でも差があります。金利は貸倒れのリスクが高くなるほど高めに設定されますが、消費者金融の場合は、審査の基準を緩くしているので貸倒れのリスクが高くなっています。それで、金利も高く設定されています。金利は、利息制限法で、貸付額に応じて15〜20%の上限金利での貸付けを行なわなければならなくなっているので、大手のほとんどの貸金業者は最高金利を18.0パーセントに設定しています。それに対して、銀行の貸付金利は低めに設定されています。最高金利は14.5%ほどです。金利が低い分審査は厳しくなっています。消費者金融なら4〜5件の他社からの借り入れがあっても審査に通ることがありますが、銀行のカードローンの場合は借入件数が多いと審査には通りにくくなります。

 

 

また、銀行カードローンを利用する場合は、限度額が100万円以下あるいは200万円以下であれば収入を証明する書類の提出は必要ありませんが、消費者金融から借り入れをする場合は、1社の貸金業者からの借り入れが50万円を超える場合か、複数の貸金業者からの借り入れ合計が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書面の提出が必要になります。

 

また、銀行のカードローンならATMでの利用の際に手数料はかかりませんが、消費者金融で提携ATMで利用返済する場合は手数料が掛かります。審査は消費者金融の方が早く即日融資が可能なところが多いですが、最近は銀行でも即日融資可能なところがあります。もし、ご自分の属性に不安がなければ、金利の低い銀行カードローンを利用するのがおすすめです。