みずほ銀行カードローン 審査 審査に落ちる人の特徴

審査に落ちる人の特徴とは?

銀行のカードローンでお金を借りるにしても消費者金融のキャッシングを利用するにしても、審査があって審査に通らないと借り入れができません。一般に銀行のカードローンの方が消費者金融の審査よりも厳しくなっています

 

審査に落ちてしまう原因の1つは、申込書に記載した内容と事実が違っているということです。これは、故意にではなく慌てて申し込みをして記載ミスが有り審査に通らないということもあります。また、印象を良くしようと思って、他社からの借り入れ件数や借入残高の総額を少なく書く人もいますが、そうすると確実に審査に落ちます。なぜなら、借入件数や借入残高の総額とうに関する情報は既に信用情報機関に登録されていて、金融機関が信用情報機関に問い合わせれば、すぐにわかることだからです。ですから、借入件数なども正直に書く必要があります。また、年収は自己申告なので、年収を実際よりもかなり多めに書く人もいますが、これも審査に落ちる原因の1つです。金融機関はその人の勤務先や勤続年数、雇用形態などで大体の年収を割り出せますので、極端に多い金額を書くとやはり審査に通りません。また、信用情報機関に債務整理や著しい延滞の記録が残っているとやはり審査に通りませんので、それらの記録が消えてから申し込む方が良いでしょう。

 

それから、1度に3社以上に借入の申し込みをしたり、審査に落ちたら短期間に次々と申し込む人も審査には通りません。一度に申し込むのは2社までにしましょう。申込の記録も信用情報機関に半年間ほど残りますので、立て続けに申し込むと、よっぽどお金に困っている人とみなされ審査には通りません。

 

消費者金融や銀行のカードローンの審査はその人の信用性と返済能力を確認するためのものです。そのような観点から考えれば自分が審査に通りやすいかどうか知ることができます。ですから、審査に通ってお金を借りられたらそれで安心しないで、返済をきちんとして、自分に返済能力と信用性があることを実証しましょう。そうすれば新たな借り入れもスムーズにできるようになります。