みずほ銀行カードローン 審査 借り入れの注意点

借り入れの注意点について

消費者金融での借り入れや銀行のカードローンを利用した借り入れはますます、便利にしかも手軽になっています。気軽に借り入れができますが、申込の際には、申し込み条件や金利などを確認して慎重に借入先を選ぶようにしましょう

 

まず、借り入れの申し込みをする前に、申し込み条件を確認します。一般に継続安定した収入のある20歳以上の方が申し込めますが、収入があっても学生は申し込めないローンもあります。また、主婦も申込可能とあっても専業主婦は申し込めないことも多いです。申し込み条件をしっかり確認して自分がクリアしていれば申込みましょう。

 

それから、金利も比較してください。金利は消費者金融の方が高く、銀行カードローンの方が低くなっています。ただし、銀行のカードローンの方が審査は厳しくなっています。それで、審査に不安がなければ、銀行のカードローンを申し込む方が返済負担を軽減できます。また、借り入れや返済に提携ATMを利用すると、消費者金融の場合は、手数料がかかるので、そのことも頭に入れておいてください。

 

また、借り入れをするときには、返済シミュレーションをしてから借りるようにしましょう。簡単にATMからお金が引き出せるので、ついつい必要のないことにまでお金を使ってしまいがちです。銀行や消費者金融のサイトには返済シミュレーションができる機能があるので、そのような機能を利用して、返済可能な範囲で借りるようにしましょう。返済が滞ると遅延損害金が発生しますので、金利の低い金融機関で借りたとしても意味がなくなります。ですから、借入れたお金は期日までに必ず返済してください。

 

また、借入先を選ぶ際には、信頼できる金融機関か確認してください。銀行や銀行系の消費者金融なら問題ありませんが、中小の貸金業者の中には闇金もあります。登録番号を記載していない業者や、異常な程低い金利を提示している業者には絶対に借り入れを申し込まないでください。登録番号も偽っている貸金業者がありますので金融庁の貸金業者検索で検索し登録業者かどうか確認してください。